WORK 働き方を知る

三角 洸樹

KOJU MISUMI

<土木>東日本支社 土木事業部門 土木第一部

2014年入社

入社後、調整池を施工する現場に配属。その後、造成やメガソーラーの現場で多くの経験を積みながら日々奮闘中。

三角 洸樹

KOJU MISUMI

東日本支社 土木事業部門 土木第一部 那須志鳥MS

1992年入社

入社後すぐに、技術開発に2年勤務し、その後現場に7年間務めました。現場勤務を経て、技術設計部門に配属されて9年間、リニューアル部門にて担当を3年、現在は企画部企画グループにて3年目で●●●を担当しています。

私が考える日本国土開発の魅力

他社よりも若手が活躍できる環境。

日本国土開発は、他のゼネコンよりも若いうちからさまざまなことを積極的に経験・挑戦でき、自分自身の意見も積極的に取り入れてもらえる会社です。若手が活躍できる環境が一番の魅力だと思います。

これが私の仕事

現場スタッフの安全に気を配るのも、重要な業務。

現在、太陽光発電所建設工事に伴う、造成工事と設備工事の現場に勤務しています。私はそこで、現場管理・工程管理・安全管理・書類作成を中心に担当しています。
現場管理では、工事が円滑に進むように資機材の段取りを行ない、協力業者との作業間調整を図っています。
安全管理は、現場で最重要と言っても良い業務です。現場スタッフが安全に作業を進められるよう、常に細心の注意を払っています。

私が感じる仕事の醍醐味

自分の図面が立ち上がる!

自分自身が中心となって、ものをつくっていけるのが面白いと感じています。現場では自分が指示・測量した通りにものができあがっていくので、自分の思い描いている図面通りに綺麗に完成したときは、「よしっ!」と心の中でガッツポーズです。
自分の出した作業指示には責任が伴いますが、それも含めての仕事の醍醐味だと感じています。

目標を達成するために、努力していること

三角洸樹何事も挑戦あるのみ!

頼まれたり、与えられたりした仕事は、できるできないに関わらず、何でも挑戦してやり遂げるようにしています。
また、日々の業務に遅れが出ないよう、その日1日でやるべきことを整理し、優先順位をつけることを常に心がけています。

就活生へのメッセージ

自分の考えをじっくり整理しよう。

時間は少ないように思うかもしれませんが、学生のうちならまだまだたくさんあります。自分には何が合っているのか、何ができるのか、何がやりたいのかをよく考えて就職活動に臨んでください。その考えをしっかりと整理し伝えることができるようになれば、必ずうまくいくと思いますので、あきらめずにがんばってください。

1日のスケジュール

7:10 出勤 安全朝礼、現場管理 打合せ、書類作成、翌日の準備 など 20:00 退勤

7:10 出勤 安全朝礼、現場管理 打合せ、書類作成、翌日の準備 など 20:00 退勤

TALK

対談者名
対談画像
三角くんはメガソーラーの現場だっけ?順調かな? 自分なりにがんばってますが、実はけっこう大変です…。3年目で任される業務も増えてきたので、時間の使い方で悩むことが増えてきまして…。折原さんはどのようにプライベートを充実させてましたか? なるほど。業務内容もより高度になり、“覚えながら実践”というなかでメリハリをつけるのは難しく感じるよね。ただ、その中でもまずは1日一つでも「自分がやりたいことをやる時間」をつくってごらん。 自分自身のための時間、ということですか? そう。例えば私は1日の終わりには必ずビールを飲む時間をつくってるね。リラックスできる時間をつくると疲労も抜けやすい気がするから。あとはよく眠ることも大切!今は必ず7時間は眠るようにしてるよ。ちゃんと眠らないと良いアイデアも生まれないからね。 アイデア? 現場の工程を少しでも早くするアイデア。ちょっとした工夫で現場の作業は効率的に進めることができるからね。工程を早くすれば、その分工事にかかるお金もかからなくなるし、お金がかからなくなれば発注者さんも喜んでくれて良い信頼関係が生まれる! なるほど!毎日少しでもリラックスする時間をつくることで、良いアイデアも生まれて良いことづくめですね。 そういうこと!自分の好きなことをやる時間をつくって、リラックスして、よく寝て、そうすれば良いアイデアも浮かんで増えてきた業務も早くできるようになるし、おのずとプライベートの時間も今よりつくれるようになるよね!あまり難しく考えず「何とかなるさ。」ぐらいの心構えでやることも大切!あとは、週末は仕事のことを忘れよう(笑) はい、わかりました!今日から毎日、良いアイデアを出すためにも自分のための時間をつくってみます!ありがとうございました! ※内容はすべて取材当時のものです。
三角くんはメガソーラーの現場だっけ?順調かな? 自分なりにがんばってますが、実はけっこう大変です…。3年目で任される業務も増えてきたので、時間の使い方で悩むことが増えてきまして…。折原さんはどのようにプライベートを充実させてましたか? なるほど。業務内容もより高度になり、“覚えながら実践”というなかでメリハリをつけるのは難しく感じるよね。ただ、その中でもまずは1日一つでも「自分がやりたいことをやる時間」をつくってごらん。 自分自身のための時間、ということですか? そう。例えば私は1日の終わりには必ずビールを飲む時間をつくってるね。リラックスできる時間をつくると疲労も抜けやすい気がするから。あとはよく眠ることも大切!今は必ず7時間は眠るようにしてるよ。ちゃんと眠らないと良いアイデアも生まれないからね。 アイデア? 現場の工程を少しでも早くするアイデア。ちょっとした工夫で現場の作業は効率的に進めることができるからね。工程を早くすれば、その分工事にかかるお金もかからなくなるし、お金がかからなくなれば発注者さんも喜んでくれて良い信頼関係が生まれる! なるほど!毎日少しでもリラックスする時間をつくることで、良いアイデアも生まれて良いことづくめですね。 そういうこと!自分の好きなことをやる時間をつくって、リラックスして、よく寝て、そうすれば良いアイデアも浮かんで増えてきた業務も早くできるようになるし、おのずとプライベートの時間も今よりつくれるようになるよね!あまり難しく考えず「何とかなるさ。」ぐらいの心構えでやることも大切!あとは、週末は仕事のことを忘れよう(笑) はい、わかりました!今日から毎日、良いアイデアを出すためにも自分のための時間をつくってみます!ありがとうございました! ※内容はすべて取材当時のものです。

OTHER WORK

  • <土木>三角 洸樹 2014年入社
  • <土木>折原 邦尚 2003年入社
  • <建築>野田 涼太 2013年入社
  • <建築>沢里 恵喜 2004年入社
  • <建築設備>加納 さくら 2015年入社
  • <土木(技術開発)>小林 裕 2010年入社
  • <建築営業>宇佐美 雅隆 2007年入社
  • <建築(意匠設計)>大西 暁子 1996年入社
  • <事務>坂本 芳正 2003年入社
  • <企画>田代 晃一 1992年入社