RESEARCH 研究紹介

つくば未来センターは、新たな価値創造をめざして、異種企業や大学、研究機関とのオープンイノベーションを推進します。
積極的な研究交流を通して「安全・安心」「ICT活用」「持続可能な社会」の構築に取り組み、
社会からのフィードバックをソリューションに反映することで、事業の発展と社会への貢献の両立をめざします。

安全・安心

超高層建築を支え、地震に強い建物をつくり、安全・安心という尽きることのない願いに応えます。
また、ストックを重視する時代の要請に応え、建物の状態をモニタリングするなど長寿命化に役立つ技術を開発します。

ICT活用(IoT、IoE)

ICTを積極的に活用することで、施工の効率化、自動化を図ります。また、温度・湿度や気流、熱などのシミュレーション技術をもとに、
設計・施工・維持管理の高度化、省力化や、より快適な空間設計を実現します。

持続可能な社会

汚染された土壌や水質を改善することや地盤を改良することで、人々が安心して暮らせる社会をめざします。
また、太陽光発電や小水力発電など、多様な再生可能エネルギーへの挑戦を通して社会に貢献します。

  • 空に伸びる安全と安心。 超高層建築

    プレキャスト工法や免震構造、高強度コンクリートなどの先進の技術と、独自の品質管理ノウハウで、品質・コスト・工期の最適化に取り組んでいます。

    <関連記述>
    ○PCa(プレキャスト)工法 ○免震技術 ○高強度コンクリート ○コンクリート温度応力解析
  • コンクリートの長寿命化に挑戦。 CfFA

    石炭火力発電所から出るフライアッシュを有効利用。カーボンを除去した「CfFA」を混和することで、ひび割れが少なく、時間とともに強度が上がる耐久性の高い低炭素コンクリートを生み出します。

  • 自由な空間づくりを可能にする第四の構造。 CFT造

    「CFT造(コンクリート充填鋼管造)」は、耐震性・耐火性に優れ、低層から超高層建築まで幅広く適用できる躯体システムです。柱断面が小さく、より広く高く自由な空間を実現します。鉄筋や型枠が不要なことから工期の短縮と廃棄物の削減にも貢献します。

  • 大規模構造物に適したハイブリッド構法。 RC-S造

    「RC-S造」は、柱に鉄筋コンクリート、梁に鉄骨を用いるハイブリッド構造で物流施設やショッピングセンターなど大規模構造物に適した構法。梁が鉄骨のため施工性が向上し、工期短縮やコスト低減が可能です。

  • 振動を高精度でシミュレーション。 三次元振動実験装置

    各地の地震波形や試験用波形を高精度で再現します。加振から制御、計測、解析までトータルにサポートし、より信頼性の高い耐震設計技術に役立ちます。

    <試験用途の例>
    ●住宅関係の耐震評価試験 ●家具転倒防止グッズの評価試験 ●什器類転倒試験 ●車両機器振動試験 ●通信機器・サーバラックの耐震試験 ●プラント機器耐震試験 ●防災用品評価試験
  • 地震の力を約1/10に軽減。 ゆれガード

    低床免震システム「ゆれガード」は、地震のエネルギーを約1/10に軽減。度重なる余震にも効果を発揮します。人と資産の安全を守り、企業の生命線である事業の継続を支えます。

    <関連記述>
    ○建物免震「ゆれガードBuild」 ○機器免震「ゆれガードクロス」 ○床免震「低床免震システムX」
  • 既存の建物を強く、しなやかに。 耐震改修技術

    基礎等躯体の耐力、設備機器、外装など建物の現状を調査・診断。データをもとに工期やコスト、建物を使用しながらの工事が可能かなど、状況やニーズに合わせた最も効果的な耐震改修を実施します。

  • 建物の健康状態を常に把握。 「見せる化」技術

    建物の構造状態や省エネルギー性能を各種センサーによって常に把握し、監視モニターを設置して可視化。建物環境を使う人にわかりやすく見せるシステムを実現します。

    <関連記述>
    ○BIMの活用 ○センサー技術(温熱環境見せる化、構造ヘルスモニタリング)
  • 生産プロセスの最適化を追求。 工場エンジニアリング

    日本のものづくり現場の課題に取り組み、生産プロセス全体の高度化、最適化をめざして研究開発を進めています。省エネ性、メンテナンス性、環境適合など、テーマは多彩です。

    <関連記述>
    ○食の安全を守る食品工場の計画・施工 ○機械生産施設の計画・施工
  • 建物の価値をあざやかに再生。 リノベーション・コンバージョン技術

    建物診断から企画、コンサルティング、設計施工、アフターサービスまでサポート。年数を経た建物を、市場ニーズにマッチしたものに再生し、新築と同等以上の資産価値をもたらします。

  • 有害物質をぐんぐん吸着する新素材。 機能性材料

    結晶子サイズをナノレベル化することで、陰イオン吸着性能が格段に向上。地下水や汚染土壌に含まれるヒ素・ホウ素・六価クロムなどの有害物質を効果的に除去できます。

  • 土木の近未来が見える。 ICT土工

    ドローンによる3D測量やCIMによる3次元モデルを用いて省力化。ICTによる情報化施工を推進しています。

    <関連記述>
    ○UAV(ドローン)を用いた3次元測量 ○AIによる自動施工システム ○建設機械の自動化技術(マシンガイダンス・マシンコントロール) ○EPS 工法
  • 大型土工の効率を約30%UP。 スクレーパ

    掘削から積込、運搬、敷均しまでを1台でこなせる自己完結型の機械です。GNSSロガーで位置情報を取得し、UAVによる測量情報とスクレーパの刃先データを活用して土量の変化を監視。より速く、より少ない労力で、より良い燃費を実現します。

    <関連記述>
    ○自動化・効率化システム ○土質に応じた施工ノウハウの蓄積
  • 多彩な解析技術で、施工を最適化

    温度ひび割れを抑え、質の高い施工を実現する「コンクリート温度応力解析」や建物の室内環境を最適化する「温熱・気流解析」、地震時の建物の動きを正確に予測する「地震応答解析」など駆使して、より安全・安心な建築を追究しています。

    <関連記述>
    ○BIMの活用
  • 建物の健康状態を常に把握。 「見せる化」技術

    建物の構造状態や省エネルギー性能を各種センサーによって常に把握し、監視モニターを設置して可視化。建物環境を使う人にわかりやすく見せるシステムを実現します。

    <関連記述>
    ○BIMの活用 ○センサー技術(温熱環境見せる化、構造ヘルスモニタリング)
  • あらゆる建設発生土をリサイクルする。 回転式破砕混合工法(ツイスター工法)

    あらゆる土砂を大規模連続施工で品質の高い土に改良する土砂改良工法です。空港整備事業や遊水地事業、災害復旧工事などのインフラ整備事業に採用され、事業コストの低減と建設発生土のリサイクル率向上に貢献しています。

  • 地耐力を高める 「動圧密工法」にICTを導入

    鋼製ハンマーで地盤を締め固める動圧密工法がICTで進化します。加速度データの利用、ドローンやレーザスキャナによる高精度な3D計測などを活用し、より高品質で工期が短く低コストの施工をめざしています。

    <関連記述>
    ◯UAV(ドローン)を用いた3次元測量 ○土質に応じた施工ノウハウの蓄積
  • 生産プロセスの最適化を追求。 工場エンジニアリング

    日本のものづくり現場の課題に取り組み、生産プロセス全体の高度化、最適化をめざして研究開発を進めています。省エネ性、メンテナンス性、環境適合など、テーマは多彩です。

    <関連記述>
    ○食の安全を守る食品工場の計画・施工 ○機械生産施設の計画・施工
  • エネルギーを、もっとクリーンに。 太陽光発電

    ゴルフ場や休耕地、山林から沿岸部の埋め立て地まで、メガソーラーの設置場所は多様です。どんな条件でもソーラーパネルを効率よく、安全に設置するため、多彩な施工技術を開発しています。

    <関連記述>
    ◯環境負荷の少ない「バイオマス発電」 ○地産地消の電力を供給「小水力発電」 ○ICTを土木施工に活用
  • 関連事業~土木事業、建築事業に次ぐ第3の柱へ~。 再生可能エネルギー事業

    エネルギーを輸入に頼る日本には、再生可能エネルギーの開発が不可欠です。当社では太陽光、小水力、バイオマスなどの発電事業を推進。地球温暖化対策とエネルギー自給率の向上に貢献しています。

  • 佐賀県太良(たら)町に地産地消のエネルギーの創出。 アンビックス太良 小水力発電所

    河川や用水路の高低差を利用して発電する「小水力発電」は24時間安定した発電が可能。環境負荷が少ないエネルギーとして期待されています。太良町では約210世帯の年間の消費電力をまかないます。

  • 関連事業~土木事業、建築事業に次ぐ第3の柱へ~。 不動産開発事業

    ゼネコンならではのノウハウと技術力、魅力ある商品企画、コストやスケジュール管理能力を生かし、土地区画整理事業、大型物流センター、ショッピングセンター、集合住宅などの建設やプロジェクトを推進します。

  • インフラのさらなる長寿命化。 ハイブリッドエポキシ樹脂

    ハイブリッドエポキシ樹脂は塩害で腐食した鉄筋の塩化物イオンを吸着し、長期的に腐食を抑制します。近年問題視されている橋梁や道路などのRC構造物の効果的な補修技術として期待されています。

    <関連記述>
    ○機能性材料
  • 取水量を飛躍的に高める井戸構造。 ラジアルウェル

    井戸の壁面から水平放射状に10~20mの集水管を突き出して、集水面積を大幅に拡大する井戸構造です。取水効果が落ちた井戸もよみがえらせ、井戸の寿命を半永久的に伸ばすことができます。

  • あらゆる建設発生土をリサイクルする。 回転式破砕混合工法(ツイスター工法)

    あらゆる土砂を大規模連続施工で品質の高い土に改良する土砂改良工法です。空港整備事業や遊水地事業、災害復旧工事などのインフラ整備事業に採用され、事業コストの低減と建設発生土のリサイクル率向上に貢献しています。

  • 地耐力を高める 「動圧密工法」にICTを導入

    鋼製ハンマーで地盤を締め固める動圧密工法がICTで進化します。加速度データの利用、ドローンやレーザスキャナによる高精度な3D計測などを活用し、より高品質で工期が短く低コストの施工をめざしています。

    <関連記述>
    ◯UAV(ドローン)を用いた3次元測量 ○土質に応じた施工ノウハウの蓄積
  • コンクリートの長寿命化に挑戦。 CfFA

    石炭火力発電所から出るフライアッシュを有効利用。カーボンを除去した「CfFA」を混和することで、ひび割れが少なく、時間とともに強度が上がる耐久性の高い低炭素コンクリートを生み出します。

  • 建物の価値をあざやかに再生。 リノベーション・コンバージョン技術

    建物診断から企画、コンサルティング、設計施工、アフターサービスまでサポート。年数を経た建物を、市場ニーズにマッチしたものに再生し、新築と同等以上の資産価値をもたらします。

  • 有害物質をぐんぐん吸着する新素材。 機能性材料

    結晶子サイズをナノレベル化することで、陰イオン吸着性能が格段に向上。地下水や汚染土壌に含まれるヒ素・ホウ素・六価クロムなどの有害物質を効果的に除去できます。