RESEARCH

研究紹介

つくば未来センターは、新たな価値創造をめざして、異種企業や大学、研究機関とのオープンイノベーションを推進します。
積極的な研究交流を通して「安全・安心」「ICT活用」「持続可能な社会」の構築に取り組み、
社会からのフィードバックをソリューションに反映することで、事業の発展と社会への貢献の両立をめざします。

  • 安全・安心

    超高層建築を支え、地震に強い建物をつくり、安全・安心という尽きることのない願いに応えます。また、ストックを重視する時代の要請に応え、建物の状態をモニタリングするなど長寿命化に役立つ技術を開発します。

  • ICT活用

    ICTを積極的に活用することで、施工の効率化、自動化を図ります。また、温度・湿度や気流、熱などのシミュレーション技術をもとに、設計・施工・維持管理の高度化、省力化や、より快適な空間設計を実現します。

  • 持続可能な社会

    汚染された土壌や水質を改善することや地盤を改良することで、人々が安心して暮らせる社会をめざします。また、太陽光発電や小水力発電など、多様な再生可能エネルギーへの挑戦を通して社会に貢献します。

つくば未来センターでは、従来の建築、土木といったジャンルにとらわれることなく、
人や社会、地球環境の未来を視野に研究開発を進めることで、SDGsの達成に取り組みます。
  • 空に伸びる安全と安心。
    「超高層建築」

    「高強度コンクリート」や「CFT造(コンクリート充填鋼管構造)」、「免震・制振」など、安全と安心を支える技術を導入。耐久性UP、工期の短縮、コストの削減に取り組んでいます。

  • 地震の力を約1/10に軽減。
    「ゆれガード」

    低床免震システム「ゆれガード」は、地震のエネルギーを約1/10に軽減し、度重なる余震にも効果を発揮します。資産と人の安全を守り、企業の生命線である事業の継続を支えます。

  • 生産プロセスの最適化を追求。
    「工場エンジニアリング」

    日本のものづくり現場の課題に取り組み、生産プロセス全体の高度化、最適化をめざして研究開発を進めています。省エネ性、メンテナンス性、環境適合など、テーマは多彩です。

  • 土木の近未来が見える。
    「CIM」

    CIM(Construction Information Modeling)をもとに、ドローンによる 3D 測量やICT バックホーなどによる精密土工、EPS工法など、ICTによる情報化施工を推進しています。

  • 大型土工の効率を約20%UP。
    「スクレーパ」

    GPSロガーで位置情報を取得し、UAVによる測量情報とスクレーパの刃先データを活用して土量の変化を監視。より速く、より少ない労力で、より良い燃費を実現します。

  • 土を選ばず汚染を無害化する。
    「回転式破砕混合工法(ツイスター工法)」

    「ツイスター工法」は、粘性土や軟岩も破砕、細粒化が可能です。汚染土を現地で無害化し、埋め戻し材に利用することで、コストや工期、CO2の発生を大幅に削減します。

  • 有害物質をぐんぐん吸着する新素材。
    「機能性吸着材」

    結晶子サイズをナノレベル化することで、陰イオン吸着性能が格段に向上。地下水や汚染土壌に含まれるヒ素・ホウ素・六価クロムなどの有害物質を効果的に除去できます。

  • エネルギーを、もっとクリーンに。
    「太陽光発電」

    ゴルフ場や休耕地、山林から沿岸部の埋め立て地まで、メガソーラーの設置場所は多様です。どんな条件でもソーラーパネルを効率よく、安全に設置するため、多彩な施工技術を開発しています。

▲
PAGE TOP
Copyright (c) JDC Corporation. All Rights Reserved.