WORK 働き方を知る

加納 さくら

SAKURA KANOU

<建築設備>東日本支社 建築事業部門 設備チーム

2015年入社

現在入社2年目。設備の施工管理を担当。

私が考える日本国土開発の魅力

新人でも業務を幅広く任せてもらえる!

新人の頃からいろいろな業務に携わることができ、幅広く任せてもらえるところに魅力を感じます。担当者に一任されていることも多く、やりがいを感じながら仕事ができています。また、私の職種では最新の設備機器に触れられるのも魅力の一つです。設備機器はどんどん更新されていくので、より便利で快適な建物がつくられるようになっていくんだなと、楽しみにしています。

これが私の仕事

建物の「快適性」を左右する、大切な役割!

建築工事の設備施工について、工程・原価・品質・安全を管理しています。設備は建物の「快適性」を左右する重要なものです。設計図通りに施工ができない状況のとき、設備本来の性能を保ち「快適性」を実現するにはどうしたら良いかを考えるのも私の大切な仕事の一つです。私は現在マンションの現場を担当していますが、建物が完成した後、そこに住む方たちが「快適に暮らせるかどうか」を常に考えています。

私が感じる仕事の醍醐味

チームワークを大切にし、質の高い仕事を目指す。

「チーム」でどれだけ質の高い仕事ができるか、ということに醍醐味を感じます。 もちろん、そのために大切なのはチームワークです。趣味で通っている社交ダンスで学んだ「チームワークとしての意思疎通の大切さ」を活かし、ミスを減らすことで質の高い仕事を目指しています。

目標を達成するために、努力していること

座右の銘は「遅咲きの花」

学生の頃から大切にしている言葉です。私はまだ入社2年目ですが、一人で打合せに出る機会もたくさんあります。その度に、初めて聞く業務ワードがあったり、自分では判断できないこと、知らないことが発生したりするので、こまめに調べて覚えるように努力しています。このように何事もあきらめずどんなときでも前向きに努力することで、いつか大輪の花を咲かせたいです。

就活生へのメッセージ

何事にもチャレンジ!

社会に出ると「やってみないとわからないこと」が多いです。 やってみることで「できる・できない」「やりたい・やりたくない」がわかるので、何事にもチャレンジする精神を持って、まずは自分が選んだ仕事をとことんやってみてください!

1日のスケジュール

8:30 出勤 メールチェック、打合せ準備 など 現場確認、打合せ 質疑・議事録作成、上司報告 19:00 退勤

8:30 出勤 メールチェック、打合せ準備 など 現場確認、打合せ 質疑・議事録作成、上司報告 19:00 退勤

OTHER WORK

  • <土木>三角 洸樹 2014年入社
  • <土木>折原 邦尚 2003年入社
  • <建築>野田 涼太 2013年入社
  • <建築>沢里 恵喜 2004年入社
  • <建築設備>加納 さくら 2015年入社
  • <土木(技術開発)>小林 裕 2010年入社
  • <建築営業>宇佐美 雅隆 2007年入社
  • <建築(意匠設計)>大西 暁子 1996年入社
  • <事務>坂本 芳正 2003年入社
  • <企画>田代 晃一 1992年入社